高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


放射性ごみ「リサイクル計画」の実態調査と環境汚染監視



グループ名 福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
代表者氏名 青木 一政 さん
URL http://fukurou.txt-nifty.com/
助成金額 50万円

福島県富岡町の地元住民と放射能を含んだ粉じんを捉えるためのリネンを張っている様子

研究の概要

2017年12月の助成申込書から
 福島原発事故により発生した除染廃棄物、放射能を含む焼却灰、農林業系汚染廃棄物等、いわゆる放射性ごみの「リサイクル計画」ともいうべき事態が進んでいる。この計画の主要な施設として一般ごみ焼却炉、セシウム回収型焼却炉、木質バイオマス発電がある。
 事故直後から、福島県を中心に広い範囲で放射能に汚染した一般ごみ、除染廃棄物等は一般焼却炉で焼却されている。また現在計画が進められているのがセシウム回収型焼却炉である。これは焼却炉で回収された、セシウム等の放射能を含む飛灰を、高温で熱処理してセシウムを気化させ回収するものである。この処理による生成物を建設資材に使うという計画である。また、電力固定価格買取制度の下で木質バイオマス発電が急増している。問題はこの木質バイオマス発電において、東日本の放射能汚染林の間伐材、木材などを燃料につかう動きがあることである。
 これらの設備の飛灰回収には共通してバグフィルターが使用されている。しかし、バグフィルターはPM2.5(微小粒子状物質)の捕捉能力は無く、微小粒子状飛灰の拡散による環境汚染が懸念される。
 これらのような放射性ごみ「リサイクル計画」の全体像、設備能力面での実態調査と問題点の抽出、周辺環境汚染監視を行う。

中間報告

2018年10月の中間報告から
 福島原発事故による除染廃棄物、焼却灰、農林業系汚染廃棄物等、いわゆる放射性ごみの焼却による「リサイクル」=ばらまきともいえる事態が進んでいます。一般ごみ焼却炉、木質バイオマス発電施設などからの放射能を含む微小粒子の拡散が健康影響、環境汚染の危険性を高めています。各地の住民の動きと連携して、その運動に資するための活動を行っています。

(1)木質バイオマス発電所周辺でのリネン吸着法による大気中粉じん等の放射能汚染監視
・新潟県三条市では既に稼働中の木質バイオマス発電施設周辺での監視を継続中です。
・福島県田村市大越町のバイオマス発電予定地では、現状実態調査を進めています。
(2)講演会、学習会などによる啓発宣伝活動
・長野県飯山市ではバイオマス発電計画に反対する住民の要望に応え、講演会を3回行いました。対象者を拡大しながら反対の声を大きなものにしています。
・宮城県栗原市、石巻市、涌谷町などでは農林業系汚染廃棄物の試験焼却を中止させるために学習講演会を実施、反対の世論を広げています。
(3)放射能ごみばらまきの問題点、危険性についての調査研究
・木質バイオマス発電について専門家を招いての公開セミナーなどを通じて情報収集、研究を進めています。
・関連学会参加、文献調査などを通じてその問題点、危険性についての情報収集、研究を進めています。これらの成果は講演会などで随時アップデートしています。

 なお、当初の見込みでは文献調査、研究、汚染状況調査が中心になると考えていましたが、講演依頼が予想以上に多く、また地域的にも長野県、宮城県など福島県以外の地域からの問い合わせが多いです。放射能ごみのばらまきの問題が広範囲の地域で問題を引き起こしている現実を反映していると思われます。

結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い