高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


「フクシマ事故後の女性たち」が対峙した困難から学ぶ



グループ名
代表者氏名 Pinar Demircan さん
URL
助成金額 4,500US$ =約50万円

シノップ原発に反対する女性達(右から2番が申請者目)

脱原発アクションウィークin福島

研究の概要

2017年9月の助成申請書より
3.11フクシマ事故以降、日本の女性たちは未来のために、そして自らの家族、子どもの命を守ろうと立ち上がり、科学に基づく確かな情報を探し求め、自らの言葉で発信する役割を担ってきました。測定値に対する不審から自ら寄付を集めて放射能汚染について測定所を設立したり、人々に正しい情報を提供するために、科学者と共に行動してきたり、福島県外への避難に対する補償が受け取れない人々の力になろうとNGOを立ち上げた女性もいます。
元来、社会システムの中で不利な立場に置かれてきた日本の女性たちのこのような動きは、社会構造や男女の伝統的な社会的役割において日本と類似点が多いトルコからすれば、非常に興味深く、「フクシマ事故後の女性たち」から学ぶことが多いと考え、 どのようにして彼女らは立ち上ったのか、その動機やアプローチに迫り、女性や子どもが社会的に持っているリスクを明らかにしたいと思い至りました。
今回の調査結果を女性や子どものために働くNGOとも共有し、女性のエンパワメントにつなげることを通じて、現在停滞中のトルコの脱原発運動に風穴を開けたいと思いました。本調査のために、2018年10月に来日し、原子力資料情報室でボランティアとして滞在し、様々な関連団体/個人へのインタビューを行っていきます。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い