高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


メコンデルタ地域での持続可能な発展のための“市民科学”コミュニティの構築



グループ名 Mekong Environmental Forum
代表者氏名 Quang Nguyen Minh さん
URL http://www.mekongenvironmentforum.org/
助成金額 4500USD=約45万円

プロジェクトチーム

住民とのワークショップ風景

研究の概要

2018年9月の助成申込書より
メコンデルタ地域の人々は栄養豊富なメコン川の水と漁業資源に依拠した暮らしをしてきました。しかし方向を誤った開発や気候変動の影響による環境の変化は、地域の生態系や人々の生計手段、水、食糧確保を困難な状況にしています。行政の気候変動政策とのミスマッチにより、小規模農民は課題を抱えたまま取り残されています。当団体は、草の根運動にこそ社会変革を起こす潜在的な力があり、地域のキャパシティビルディングにおけるNGOらの効果的な管理手法や地元のコミュニティ力で、行政が単独で解決できない課題に、よりよい形で取り組むことができると考えています。今回の調査研究では、科学者のアドバイスを受け、気候変動に強い農業モデル(特に多品種耕作)を試みます。手法としては、1)熱心な農業者により『変形学習』(transformative learning)グループを作り、ワークショップ後の経験共有や共助活動を通して、地域の生計手段や環境を改善する上で住民参加を推進する。2)水やエネルギーについてよりよい選択をする。3)地域行政の開発計画や政策立案に対し、農業者が気候変動に適応できる生活モデルや成功事例をオルタナティブな案として紹介する。
この計画では、カントー市、地域住民、カントー大学の学生が協力しあって行います。最終的には、市民科学の手法を用いた汎用性のある研修プログラムのパイロット版を公表し、地元関係者にデータ管理や品質管理、データ公開原則について知ってもらい、ベトナム市民科学協会の設立につなげたいと考えています。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い