高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


家庭用品から大気中に放散されるマイクロプラスチックによる汚染実態調査



グループ名 空気汚染による健康影響を考える会
代表者氏名 山本 海 さん
URL
助成金額 40万円

研究の概要

2018年12月の助成申込書から
 近年、柔軟剤、洗剤、芳香剤や消臭スプレーの家庭用品には、接着性のある合成樹脂成分のマイクロカプセルに包まれた香料や抗菌成分が用いられている。このマイクロカプセル化技術は、内包した化学物質の徐放性や残留性を目的としたもので、日用品を対象に実用化されるようになってからまだ10年程しか経たない新規技術である。
 マイクロカプセルの材料として、メラミン樹脂や、アクリル樹脂、ウレタン樹脂等が使われており、マイクロカプセルは、マイクロプラスチックの一種に分類される。その大きさは数μm〜数百μmであり、大気環境に放散されれば粒子状物質として存在する。また、場合によっては、光や熱による分解を受けて、SPM(浮遊粒子状物質:粒子径<10μm)やPM2.5(微小粒子状物質:粒子径<2.5μm)となり、それをヒトが吸入することで物理的に肺や気管に影響を及ぼすと考えられる。加えて、接着性をもつプラスチック成分そのものや、その分解モノマーおよび添加物の可塑剤成分が揮発性物質として環境中に放出され、複合大気汚染へと繋がっている可能性が高い。
 消費者が、上述の家庭用品を利用することにより、マイクロプラスチックが、一般生活環境中に排出されていると考えられるが、これまで家庭用品により大気環境中に放散されるマイクロプラスチックの排出実態やその大気環境影響について検討する研究は行われていない。
 本研究では、家庭用品より大気中に放散され残留するマイクロプラスチックの測定を行い、生活環境における汚染実態調査を行う。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い