高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


河北潟の再汽水化に向けた基礎研究(1)再汽水化する上での課題の整理



グループ名 河北潟湖沼研究所・再汽水化プロジェクトチーム
代表者氏名 高橋 久 さん
URL http://kahokugata.sakura.ne.jp/
助成金額 50万円

研究の概要

2018年12月の助成申込書から
 日本の多くの汽水域・浅海域で生態系の破壊が進んでいる。河北潟も干拓と淡水化による生態系劣化の問題を抱えている。これまで順応的管理の手法を用いて河北潟の環境改善の取り組みを進め、一定の成果とともに河北潟の環境問題と深い関係にある農家や農業団体、自治体との間に協働の仕組みを作ってきた。しかし、主要な環境問題である水質問題は解決しておらず、この問題の解決には、順応的管理とともに潟のあり方を大きく変更することが必要である。そこで、河北潟を農業用溜池としての限定的な利用から開放し、地域が河北潟の生態系サービスを享受できる潟の再汽水化を展望するために必要な基礎研究を行い提言をまとめる。
 以下の調査、研究を実施する。
(1)市民の参加を募り、現場の現状(水質、植生、地下水の流入の有無等)、現場で生じている課題(水質悪化に伴う生物や農業への影響等)を詳細に調査する。
(2)アンケート調査による河北潟の環境問題と再汽水化についての市民の意識を把握する。
(3)以上の調査から問題点の解析を行う。

 これらの調査研究により、以下の点を解決、整理することを目指す。
(1)再汽水化によって解決する環境問題
(2)再汽水化にかかる市民の誤解
(3)再汽水によって起こりうる環境問題
(4)再汽水化の上でのその他の困難(社会的・産業的な観点)
(5)課題の解決方向と必要な研究課題
 上記をまとめて、河北潟の再汽水化に関する提言をとりまとめる。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い