高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


福島県飯舘村の村民のための、放射能による村内環境汚染の実態調査



グループ名
代表者氏名 伊藤 延由 さん
URL
助成金額

研究の概要

2018年12月の助成申込書から
 飯舘村は2017年3月末日に一部地域を除き避難指示が解除され帰還が進められています。
 2019年3月末には避難所の廃止が予定され家賃など自己負担が出来ない家族は止む無く帰村を選択せざるを得ない環境に追い込まれます。
 しかし村内の汚染環境は巨費を投じて除染したと言うものの除染の範囲は村の面積の15%のみで依然として高い汚染環境であり見方によっては年々高まる場所もある様に感じています。
 そんな環境にも関わらず村政執行の基本は恰も飯舘村にある放射性物質は無害を思わせる事が連なっています。
 ・学校の村内再開(認定こども園、小中一貫校)
 ・村内の水田で小学生の田植え
 ・野焼きの実施(2019年3月)
 等とても村民の被ばく回避を考えている様には思えません。
 福島県も同様で県内自生山菜・茸の販売制限に真剣に取り組んでいるとは思えない事態に私自身が遭遇しました。
 昨年も“自然の循環サイクルに組み込まれた放射性物質の挙動は理解し難し”としましたが、汚染実態を測り続け発信し帰還村民の被ばく回避に役立つ活動を行います。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い