高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


焼却による放射性ごみ処分の問題点調査と環境汚染監視



グループ名 福島老朽原発を考える会
代表者氏名 青木 一政 さん
URL http://fukurou.txt-nifty.com/
助成金額 50万円

研究の概要

2017年12月の助成申込書から
 本研究は2018年度助成を受けた「放射性ごみ『リサイクル計画』の実態調査と環境汚染監視」の継続である。18年度の活動により、汚染廃棄物焼却や木質バイオマス発電に反対する住民グループとの連携が広がり、リネン吸着法等による監視の動きも予想以上に広がった。このためテーマを「焼却による放射性ごみ処分」に改め、対象をより明確化した。また監視や啓発・宣伝による運動の強化により重点をおいた形で展開する。
 除染廃棄物、放射能を含む焼却灰、農林業系汚染廃棄物等、いわゆる放射性ごみの「リサイクル」が進んでいる。この計画の主要な施設が(1)一般ごみ焼却炉、(2)セメント焼成炉・灰溶融炉、(3)木質バイオマス発電である。
 (1)では減容化の目的で可燃性の除染廃棄物を焼却している。
 (2)では焼却炉から排出される飛灰(セシウム等を高濃度で含む)を、高温で熱処理しセシウムを気化、脱離させ生成物を建設資材として再利用するものである。
 (3)では不足する木材燃料をまかなうため、福島県周辺の高濃度汚染森林の伐採木が燃料として流通して焼却されている。
 これらの設備の飛灰回収には共通してバグフィルターが使用されている。しかし、バグフィルターはPM2・5(微小粒子状物質)の捕捉能力は無く、微小粒子状飛灰の拡散による環境汚染の危険性がある。また高濃度のセシウム等を含む焼却灰の管理型処分場への最終処分も環境汚染の危険性がある。
 これらの中止を求める各地の運動と連携して環境汚染監視をおこなう。また設備能力や運用の実態調査と問題点の明確化を行ない運動の拡大強化に資する。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い