高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


沖縄県沖縄市泡瀬干潟の埋立工事に伴う干潟環境・生物相の変化



グループ名 泡瀬干潟を守る連絡会
代表者氏名 前川 盛治 さん
URL https://saveawasehigata.ti-da.net/
助成金額 40万円

研究の概要

2018年12月の助成申込書から
 これまで泡瀬干潟のサンゴ群落、貝類、ホソエダアオノリなどの調査を実施してきたが、泡瀬干潟の現状を把握するため引き続き調査を実施したい。サンゴ群落の定点観測(以下1の(1))は埋め立て工事の周辺の環境への影響を測ることを目的とし、移植サンゴの現状調査(1の(2))は事業者が行った環境保全措置の適正を見ることを目的とする。ホソエダアオノリの大発生は工事の影響により水の流れに変化が生じたことによるものと思われるため、大発生による生物への影響を測ることは工事の影響を測ることにつながる。
1.サンゴ群落の調査(2005年〜2018年)
(1)2005年より2016年までの西防波堤北西部のヒメマツミドリイシの定点(100Mライン)。2016年以降現在までの新たな25平方枠のヒメマツミドリイシの定点調査
(2)沖縄市やNPO法人が実施したサンゴ移植地の定点調査(東防波堤西側のテトラポット移植サンゴ及び海域の移植サンゴ
2.貝類調査(2017年度)
 2017年4月以降の緑藻類(ホソエダアオノリ)の大量発生による貝類(おもに二枚貝)の大量死
3.2019年度調査
(1)これまでのサンゴの定点調査では、サンゴの被度が大きく低下し、継続調査の意義が失われたが、消滅したヒメマツミドリイシ群落の周辺に新たな群落が形成されており、その場所の25平方枠を新たに2箇所設定し、継続調査したい。また、移植サンゴについても継続調査したい。
(2)泡瀬干潟では、2017年度からホソエダアオノリの大量発生があり、2018年度も大量発生があった。その貝類や他の生物に対する影響を引き続き調査したい。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い