高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


インド北東部マニプル州・ナガランド州におけるインパール作戦と 和解――知られざる被害と果たされなかった戦後補償



グループ名 インパール作戦後の和解を考える会
代表者氏名 木村 真希子 さん
URL
助成金額 80万円

研究の概要

2019年12月の助成申込書から
 アジア太平洋戦争中のインパール作戦に関しては、軍事史研究や日本における軍隊内での意思決定と兵士への影響といった観点から研究されてきた。とくに、無理な作戦により戦闘ではなく、飢餓や疾病による日本兵への被害が大きかったことが強調されてきた。しかし、戦場となった現地であるインド北東部の被害状況に関してはほとんど研究の蓄積がない。1950年代以降、現地は紛争の影響により外国人の立入が制限され、戦闘の被害に関する包括的な研究は進んでおらず、日本にも伝えられてこなかった。
 しかし2011年以降、戦場となったナガランド州、マニプル州への渡航制限が緩和され、観光目的であれば一般市民が渡航することが可能になった。インド政府が日本政府に投資を働きかけ、同地を訪問する日本人も増加した。2019年6月には日本財団の支援によりインパールに平和祈念資料館が開館し、また12月には安倍首相の現地訪問も計画されている。しかし、現在までのところ、大使館関係者が現地を訪問しても、被害や謝罪については全く触れられていない。政府が過去にあった被害と向き合うことに後ろ向きな現状を踏まえ、被害の事実を把握し、その後の関係を考えることは市民科学にとって重要な課題であると考える。
 本研究では、以下の2つの成果を出すことを目的とする。(1)ナガランド州、マニプル州における被害の全容を歴史的資料と聞き取りから明らかにし、学術的な資料として出版する。(2)日本においてインパール作戦の戦地における被害状況を伝え、補償がなされていないことについての問題提起を試みる。また、来年度以降に市民同士の交流と和解の可能性を探り、現地での共同研究の開始につなげたい。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い