高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


柔軟剤や洗剤等の家庭用品から放散される微小粒子状物質の定性分析



グループ名 空気汚染による健康影響を考える会
代表者氏名 山本 海 さん
URL
助成金額 50万円

研究の概要

2019年12月の助成申込書から
 柔軟剤、洗剤、芳香剤や消臭スプレーの家庭用品による健康被害の声が上がっている。昨今の家庭用品には、プラスチック成分等で作られるマイクロカプセルに包まれた香料や抗菌物質が含まれると言われている。そこで、消費者が、マイクロカプセル化技術を用いた家庭用品を利用することで、プラスチックの微粒子が一般生活環境中に排出されるのではないかと考え、2019年度は閉鎖系の実験装置にてパーティクルカウンターを用い、家庭用品より大気中に放散される微小粒子状物質の測定を行った。その結果、(1)一部の柔軟剤や洗剤を適用した布や芳香剤から0.5μm?20μm程度の粒子径の微小粒子状物質が放散されていること、(2)柔軟剤や洗剤を適用した布と接触したスライドガラスと、芳香剤の近くに置いたスライドガラスから採取した微小粒子状物質のうち20μm前後の大きさの粒子の一部を顕微FT-IR法により解析し、それぞれ得られたIRスペクトルをライブラリと照合すると、プラスチック成分やその分解物と推定される物質、抗菌作用を示す成分、そして香料成分がヒット率の高い候補物質として挙がってくることが判明した。
 しかし、現行の調査手法では、1)10μm以下の粒子状物質の定性が困難である点、2)一部の製品から放散される微小粒子状物質には、無機金属化合物の粒子が存在する可能性が示唆されたが、顕微FT-IR法の結果だけでは完全には定性できない点、3)0.5μm以下の粒子の放散の有無が調べられない点が限界となっている。
 本研究では、前年度の継続調査として、1)10μmより小さい粒子を定性するラマン分光法や2)SEM(走査型電子顕微鏡)による元素分析も併せて実施し、家庭用品から放散される微小粒子状物質の定性を行う。また、実際に放散源が家庭用品であるかの検証を行うため、家庭用品の原液を遠心分離や濾過により得られた物質と放散で得られた粒子状物質が一致するかの検討も行う。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い