高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


諫早湾調整池から有明海に排出されたアオコ毒ミクロシスチンの残留、分解と水生生物への蓄積



グループ名 諫早湾調整池アオコ毒素研究チーム
代表者氏名 高橋 徹 さん
URL
助成金額 50万円

研究の概要

2019年12月の助成申込書から
 諫早湾干拓事業は有明海の潮流に影響し、赤潮大規模化や貧酸素の原因になったとされている(田中ほか, 2019)。さらに、調整池からの排水による漁場への直接的悪影響が懸念されている。夏期には有毒アオコの発生が常態化しており、調整池で産生されたアオコ毒ミクロシスチン(MCs)が年間数十〜数百kg海域に排出されていることが判明している。
 諌早湾調整池は水深が浅く、微細粘土粒子が浮遊している為、透明度が極端に低い(15-20cm)。この事が、夏期のアオコ発生の原因となり、冬期には不十分な光合成による富栄養排水が、海苔に被害を与える冬期の赤潮に繋がっている可能性がある。本研究では、その点をより明白にするために、13Cを用いた純一次生産の測定を実施したい。
 なお、MCsは通年にわたって海底の堆積物に残留している事が確認されたが、農水省は、アオコは海域に排出されると死滅し、毒素も分解菌に分解されるから問題ないとしている。しかし、我々の予備的室内分解実験では、 20℃以下ではMCsの分解が止まり、合成は進行していた。本研究では、より詳細な実験を行い、堆積物中のMCsの消長を遺伝子レベルで明らかにしたい。このことで、冬期の残留が分解速度低下に起因する事を証明し、アオコ発生期以外にも警戒が必要であることを示したい。このように、調整池の特性と排出された毒素の行方を把握することで、海水を導入する以外、有明海の広域汚染を解決する方法がない事をより明確に示したい。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い