高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


石膏鉱山開発が及ぼしうる健康・水資源・空気への影響、生活の質の低下、 生活基盤の脆弱化ついて、コミュニティ全体で理解を促進する



グループ名 Earth Guardians of Bhutan
代表者氏名 チャンドラ・マン・ライ さん
URL
助成金額 4,000USD=約40万円

鉱山活動によりむき出しになった山肌 

鉱山活動から生じる廃棄物が小川に流れ込んでいる

研究の概要

2019年9月の助成申込書より
 ブータンは急速に経済発展を遂げていますが、自然資源や社会への脅威は年々、増しています。ブータンにおいて社会に与える影響が最も大きい経済活動の一つは鉱山開発です。 不適切な計画や法令違反などにより、鉱山事業は水、大気、土壌を汚染し、取り返しのつかない損害、環境劣化を引き起こしてきた結果、 地域社会は多くの代償を支払ってきました。
 現在のブータン政府の計画では、国の主要な財源として鉱山事業を優先させる方針をとっています。しかしながら、 多くの事業実施予定地は辺境の地にあり、そこに暮らす人々は主に農民ですが、識字率も低く、鉱山開発がもたらすと考えられる影響(森林資源が破壊されたり、水や大気が汚染されたりすることで農作物の状態が悪くなること、それにより、地域住民の生計手段や日々の暮らしに影響が出ること、鉱山に関係する車両の往来が激しいことから、 地滑りや交通事故などの安全上の問題が起きていること、健康影響などの潜在的なリスクがあること、など)について、あまり理解していません。

本調査では、政府関係者、企業、地域社会などの関係者を交えたワークショップ、参加型農村調査(PRA)、半構造化面接、フォーカスグループディスカッションなどの手法を用いて実施するとともに、鉱山周辺の水質や大気の調査を行い、 健康面については医療機関に協力を仰ぐなどして環境・健康影響を調べていきます。また、地域のあらゆる人々を調査に巻き込むことを重視し、 鉱山事業がもたらす社会環境影響について住民自身が学び取れるように配慮する一方、 鉱山会社には、 これらの影響に対して責任を果たすよう求めていきます。
 研究の成果は、メディアやウェブサイト、レポートなどで発信し、政府の鉱山事業に関する政策、意思決定に反映されるように働きかけていきます。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い