高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


〈研修奨励〉 リスク社会という文脈におけるトルコの反核運動 ―メルスィンとシノップを事例に―社会学博士課程での研修



グループ名
代表者氏名 プナール・デミルジャン さん
URL
助成金額 2,000USD=約20万円

シノップ原発反対運動の様子1

シノップ原発反対運動の様子2

研究の概要

2019年9月の助成申込書より
 ヨーロッパとアジア大陸の中央に位置するトルコは、近隣地域で勃発している戦争や難民の悲劇に対して果たすべき役割がある一方、 権威主義的な政治傾向が高まることによる危機感、誤った民主主義、自然と人権に対する新自由主義的な気運が高まっています。このように、政権の独裁化や新自由主義の波にさらされながら、トルコの反核運動を担う人々や団体が、どのように原発のリスクを人々に説明し、連帯してきたのかについて、研究・考察していきます。
 この研究は、2010 年以降に署名された政府間原子力協定に基づく原発建設計画について、 事業実施予定地域での原発反対運動に焦点を当て、その運動の歴史が政治、経済、 社会的に見て、 どのような影響を受けてきたかを調べていきます。
 トルコの原発反対運動は、 地中海沿いのアックユ原発計画(メルスィン県)に土地使用免許が交付されて以来43年間の歴史があります。政権が独裁化してきた2010年、トルコはロシアとの間でアックユ原発建設に合意しました。さらに現在トルコには、アックユ計画に加え、黒海に面するシノップ原発計画(シノップ県)があります。シノップ原発計画については2013年、 日本との間で合意が交わされました。いずれも、世界初の一括事業請負方式(Build-Own-Operate)によるプロジェクトです。2019年初頭、シノップ原発計画に関する日本とトルコの合意は取り消されたと報道されましたが、トルコ政府の説明では計画は破棄されていません。
 調査は、理論的知識と経験的情報の融合を目指し、原発計画のある2つの都市でインタビュー、原発反対運動の談話分析を行い、 反原発の闘いについて考察します。 博士号取得後は、メルボルン大学でポスドク研究者になる予定です。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い