高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


原発の犠牲者としてその声を社会に発信すること ― 韓国での「均道(キュンド)一家」のケースを事例に



グループ名
代表者氏名 Kim, Woo-Chang さん
URL
助成金額 4,000USD=約40万円

研究の概要

2020年9月の応募書類から
古里第一原子力発電所は、1977年6月19日に運転を開始した韓国で最初の原発です。文在寅政権は、40年間の運転後、完全に停止することを決定しましたが、依然として韓国国内では24カ所の原発が稼働しており、原発立地周辺住民の間では、不可解な病気が発生しています。

今回、調査対象者となるキュンドさん一家は古里原発から3km以内に住み、家族全員が深刻な病気を抱える典型的な事例だと考え、調査対象にしました。

キュンドさん自身は発達障害を持って生まれ、彼の父は大腸がんで、彼の母は乳がんに罹りました。キュンドさん一家の病気と原発の関係について、因果関係を証明する科学的証拠はほとんどありませんが、 本研究の目的は、 彼らが自分たちの病気をいかにして社会問題化し、 反原発運動を始めたかを分析することです。また、原発所有企業の韓国水力・原子力会社(KHNP)に対する訴訟は韓国で初めてだったことから、その運動がもたらした意味を調べていきます。

この課題に取り組む上で、 「リスクスケープ」という概念(リスク社会に地理的要素を加えた空間イメージで、韓国のLee Sang Hun教授が発案したもの)を用いて、どのように
住民が原発を捉え、KHNPが認識するものとは違う、住民サイドのリスクスケープについて調べていきます。キュンドさんは、父親とともにこれまで4回も世界を旅し、自分たちの体の痛みが、単なる個人的に起きた不運な出来事ではないということとともに、反原発を訴えてきました。

この調査研究では、キュンドさん一家が、孤立しがちな通常の住民運動とは一線を画して、病気という個人的な問題を、どのようにして、公共的かつ制度的な問題として提起したか、また、法律や医療分野の専門家の助けを借りて、自分たちが抱いた疑問を一般化してきたかについて注目していきます。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い