高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


放射能ごみ焼却炉周辺住民の尿検査による内部被ばく調査



グループ名 福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)
代表者氏名 青木一政 さん
URL http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/
助成金額 50万円

研究の概要

2021年4月助成申込書より
宮城県大崎市においては2020年度より農林業系放射能汚染廃棄物(汚染稲わら、汚染牧草など)の一斉焼却が開始された。この焼却は大崎市内3か所の一般ごみ焼却施設において一般ごみとの混焼により7年間継続する。焼却施設周辺の住民を中心に焼却炉からのセシウム等放射能を含む微小粒子の拡散の懸念と不安が強い。住民は2020年に大崎市を被告として公金支出停止の裁判を提訴した。
2018-2019年の試験焼却時に我々が実施したリネン吸着法による監視においては風下方向にセシウム粉じん濃度の高い場所が発見され、しかも季節による風向の変化に対応してこの最大濃度地点も変化した。このことは焼却炉からセシウムを含む微小粉塵漏れがあることを強く示唆している。この試験焼却時の最大濃度地点のリネン吸着データは南相馬市原町区のデータとほぼ同等レベルである。
我々は南相馬市原町区在住の南相馬避難20ミリ基準撤回裁判原告を対象に2017?2020年にかけて尿検査による内部被ばく実態を明らかにしてきた。その中で低レベルではあるが慢性的にセシウムを取り込んでいる例が多数あり、大気中粉じんの吸入によるセシウム摂取の可能性が疑われている。
そこで、大崎市焼却施設周辺の住民の尿検査により、これら風下地域の住民と比較対象地域の住民とで内部被ばくリスクに差があるかどうかを調査する。またその結果を南相馬20ミリ裁判原告の尿検査データやリネン吸着法データと比較することで、セシウムの摂取経路の差異や共通性などを明らかにする。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い