高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


日本の核のゴミの海外輸出



グループ名 原子力資料情報室
代表者氏名 伴 英幸 さん
URL https://www.cnic.jp/
助成金額

研究の概要

2021年4月助成申込書より
日本原子力研究開発機構(JAEA)の東濃地科学センター(岐阜県)と人形峠環境技術センター(岡山県)にある、主に外国産のウランとウランを吸着させたイオン交換樹脂や活性炭、処理固化物等、計120トンの放射性物質を米ユタ州のホワイトメサ製錬所(エナジー・フューエルズ社)への輸送が計画されている。JAEAは2005年にも人形峠の約500トンのウラン残土等をホワイトメサ製錬所に輸送している。

ホワイトメサ製錬所は、現在米国で稼働している唯一のウラン製錬所であるが、ユート・マウンテン・ユート先住民のホワイトメサ保留地が隣接しており、精錬所からの放射性物質等の被害に悩まされてきた。

バーゼル条約および外為法に基づき、放射性廃棄物の海外輸送は原則禁止されているが、2005年の輸送では、JAEAはウラン残土を資源だと称して、処理費を支払った。今回の輸送でも放射性物質を資源と称して処理費を支払うことにしている。だが、輸送したウラン残土から作られた製品は日本に戻されることはなく、処理後にでた放射性廃棄物は現地で廃棄されている。今回の輸送でも同様の取り扱いとなる見込みだ。前回、今回と輸送を認めていくと、なし崩し的に他のウラン廃棄物の海外輸出が行われかねない。

ホワイトメサ製錬所やホワイトメサ保留地他、現地の状況を調査し、被害の状況を明らかにする。また日米の市民の連携を強化し、ウラン廃棄物輸送の阻止にむけた動きを作る。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い