高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

これまでの助成研究・研修

トップページ > これまでの助成研究・研修 > 助成事例の詳細


石炭産業がもたらす環境・健康影響についてのコミュニティ参加型による科学的調査



グループ名 Philippine Movement for Climate Justice(PMCJ)
代表者氏名 Rivera, Bibiano C., Jr. さん
URL http://climatejustice.ph/
助成金額 4,900US$ =約54万円

石炭火力発電所周辺での住民参加型環境調査の様子1

石炭火力発電所周辺での住民参加型環境調査の様子2

研究の概要

2017年9月の助成申請書より
 石炭火力発電所の周辺環境およびそこで暮らす人々の生活や健康への悪影響は世界中の様々な調査で明らかにされているものの、フィリピンでは多くの石炭火力発電所が稼働しているにも関わらず、これまで証拠が揃わず十分に証明されてきませんでした。
 私たちPMCJは、フィリピンにおける石炭火力発電所周辺の環境・健康調査を行うにあたり、発電所周辺の地域住民や地元コミュニティ自身が主体的に石炭火力発電所に対する知識やその有害性を証明する能力を身につけられるよう、コミュニティ参加型で進めていきます。本調査の結果は、環境関連の法律制定に向けた政策提言、最終的には石炭から、クリーンかつ安全な再生可能エネルギーへの転換に結びつけたいと考えています。
 なお、2016年に実施したルソン島での先行調査を始めとして、一連のプロジェクトは数年前より動き出しており、影響地域のコミュニティや、共同実施者であるNGO(ウォーターキーパー・アライアンス、ヘルスケア・ウイズアウト・ハーム、グリーンピース・フィリピン)との協力関係、実施態勢は整っています。
 今回の調査では、先行調査の際に浮かび上がった課題を改善させた上で、ミンダナオ島で2カ月間、問題発生地域のコミュニティーリーダー20名に対して実施する予定です。研修内容は、基本的な水のパラメータ習得、ラボ分析用の水のサンプリング、大気環境計測機器の使用法とメンテナンス、文書作成等で、終了後は報告書を作成し、様々な機会で発表を行っていきます。

中間報告


結果・成果


その他/備考


HOME助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い高木基金について
ENGLISHサイトマップお問い合わせ 個人情報の取り扱い