高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

助成応募の方法

トップページ > 助成応募の方法 > 助成対象にふさわしい研究・研修


高木基金の助成の視点


高木基金が助成する調査研究は、以下の点を重視します。

・現代の科学技術や公共政策が、市民社会や地球環境の脅威となっているような問題について、行政や企業の利害とは独立の立場から、その問題の所在を示し、問題をめぐる状況の分析・解明を試み、解決への道筋を探るような取り組み。

・大学、研究機関や学会などにおける研究や議論が不十分な課題など、既存のアカデミズムが、脅威にさらされる市民の不安に十分に応えていないテーマに取り組むものや、既存のアカデミズムのあり方を問い直すような調査研究。

・現代における科学技術や公共政策の選択が、限られた地球資源の浪費・喪失により、持続可能性を危うくし、将来の世代に大きな負担をもたらすという世代間倫理の視点。

前記の市民科学の実践として、次の要件を満たすことが望まれます。

・市民社会や地球環境の脅威となる科学技術や、それに関わる公共政策の問題点等を批判的に検証するもの。

・専門性に裏付けされた想像力と構想力を持ち、調査研究の方法や実施計画、予算などが合理的であるもの。

・調査研究の成果を、市民社会に還元する方法や、政策転換を求める道筋などを具体的に展望しているもの。

・今回の調査研究のみにとどまらず、将来にわたって、市民科学者を目指して努力していく意志を持っているもの。

なお、限られた財源の中で、市民科学にふさわしい調査研究を重点的に助成するため、次のような申請は助成対象としない場合がありますのでご注意下さい。

・公的な助成金や企業などからの支援が十分得られると思われる内容・水準のもの

・相当の規模や実績を持ち、独自の資金調達で活動ができると思われる団体からのもの

・外部の研究者への委託研究を主体とするもの

・キャンペーン活動、映像等による記録、情報発信等を主とした活動(過去には、助成の対象としていましたが、今回は、具体的な調査研究活動を優先します)

HOME | 助成応募の方法 | これまでの助成研究・研修 | 高木基金の取り組み | ご支援のお願い | 高木基金について
ENGLISH  | サイトマップ | お問い合わせ 個人情報の取り扱い