高木基金について助成応募の方法これまでの助成研究・研修高木基金の取り組みご支援のお願い

高木基金の取り組み

トップページ > 高木基金の取り組み > 活動報告 > 2018年度助成の「公開プレゼンテーション」

第18期(2019年度)助成の
「公開プレゼンテーション」を開催します

開催概要  /  書類選考通過者一覧

 高木基金は、生涯をかけて、在野の立場から核・原子力問題への専門的批判に力を尽くした高木仁三郎の遺志に基づき、「市民科学」を志す個人・グルー プの調査研究活動を助成しています。

 2019年度の国内枠調査研究助成の最終選考の一環として、3月9日(土)に公開プレゼンテーションを行います。

 当日は、書類審査を通過した応募者に調査研究のねらいや実施計画を説明していただき、その発表に対して高木基金の会員や役員、さらに一般の方からの 質問や意見を受けつけます。最終的な助成先は、高木基金の理事会で決定しますが、公開プレゼンテーションでの発表および質疑応答が最終選考の重要なポイントとな ります。

 高木基金の助成の財源は、市民からの会費・寄付に支えられています。選考の過程でも、一般に開かれた場での意見交換を通じて、「市民科学」にふさわ しい研究を、市民が選び、応援していくことを目指していますので、多くの方のご参加をお待ちしております。

 なお、今回の公開プレゼンテーションでは、調査研究助成の書類選考通過者19人・グループの内、14人・グループに発表して頂きます。書類選考通過者の詳細は別表をご覧下さい。

公開プレゼンテーションの開催概要

■日 時 2019年3月9日(土) 10:00〜18:30 
■場 所 東京しごとセンター 地下講堂
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号
JR中央・総武線「飯田橋駅」東口より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋駅」A2出口より徒歩7分
東京メトロ東西線「飯田橋駅」A5出口より徒歩3分
■参加費 無料(会場でのカンパにご協力ください)
■申込み 準備の都合上、3月6日(水)までに E-mail info@takagifund.org 又は
Fax 03-3358-7064へお申し込み頂けると助かります。
(当日参加も可能です)
■会場案内図
      

タイムテーブル

グループ名・氏名をクリックすると調査研究の概要が表示されます。

9:30開場
10:00開会・趣旨説明
10:15 調査研究計画の発表 午前の部
◆ コンゴの性暴力と紛争を考える会
    / 米川 正子さん・華井 和代さん

『コンゴにおける資源採掘と人権侵害の実態調査』
応募金額
100万円
◆ 山ア 真帆さん
『津波被災地域における「かさ上げ盛土工事」をめぐる
 市民の論理』
 
23万円
◆ 島 明美さん
『伊達市における除染にける住民対策についての調査研究
 ならびに宮崎早野論文の成立の経緯についての調査および
 市民による論文内容の批判と検証』
 
100万円
◆ 鴫原 敦子さん
『宮城県における「原発事故に向き合う市民の記録集」
 製作プロジェクト』

79万円
◆ 放射能を含む廃棄物から子供たちと
   大久保の自然を守る住民の会
    / 松井 良近さん、北澤 勤さん、岸 真結子さん

『放射性物質を含む廃棄物最終処分場予定地周辺の住民
 参加型環境調査』

50万円
12:40 <昼食休憩>
13:40 調査研究計画の発表 午後の部
◆ 河北潟湖沼研究所・再汽水化プロジェクトチーム
                  
/ 高橋 久さん

『河北潟の再汽水化に向けた基礎研究@
 再汽水化する上での課題の整理』

100万円
◆ 山下 慎吾さん
『四万十川河口域におけるテナガエビ類幼生の分布調査』
 
63万円
◆ 泡瀬干潟を守る連絡会 / 前川 盛治さん
『沖縄県沖縄市泡瀬干潟の埋立工事に伴う干潟環境・
 生物相の変化』

50万円
◆ 山本 章子さん
『グアム政府による米軍基地環境汚染調査
 ―沖縄県へのインプリケーション』

100万円
◆ 太平洋核被災支援センター / 橋元 陽一さん
『太平洋核実験による放射線被災実態を解明し、被災船員
 救済のための研究をすすめる。』

100万円
16:05 <休憩>
◆ 遺伝子組換え食品を考える中部の会 / 原野 好正さん *1
『輸入遺伝子組換えナタネ輸送路沿道におけるナタネの
 自生と交雑種に関する調査・研究』

66万円
◆ 川尻 剛士さん

『水俣病患者の生き直しに関する基礎的研究;
 生活史調査を通して』

30万円
◆ 被ばく労働を考えるネットワーク / なすびさん

『原発労働者の労働安全・補償制度と被曝労働災害の実態
 に関する国際調査(その3)』

100万円
◆ 中皮腫サポートキャラバン隊
       / 鈴木 江郎さん、・栗田 英司さん
         ・右田 孝雄さん・福神 大樹さん

『中皮腫患者に対するピアサポート活動と石綿ばく露調査』

100万円
18:25閉会挨拶
18:30閉会

*1 代表者の河田 昌東さんに代わって原田 好正さんが発表します。



【以下の5件は公開プレゼンテーションに代えて理事による面接を行います】
◆ いばらき環境放射線モニタリングプロジェクト
                 / 天野 光さん

『福島原発事故による茨城県の放射能長期汚染とその特徴
 (2)』

90万円
◆ 空気汚染による健康影響を考える会 / 山本 海さん
『家庭用品から大気中に放散されるマイクロプラスチックに
よる汚染実態調査』

40万円
◆ ふくいち周辺環境放射線モニタリング・プロジェクト
                  / 満田 正さん

『福島第1原発周辺地域の空間および土壌の放射線測定』

50万円
◆ 伊藤 延由さん
『福島県飯舘村の村民のための、放射能による村内環境
 汚染の実態調査』

30万円
◆ 福島老朽原発を考える会 / 青木 一政さん
『焼却による放射性ごみ処分の問題点調査と環境汚染監視』

50万円

  ※やむを得ない事情により、発表者や発表時間帯が変更になる場合もあります。

 
HOME | 助成応募の方法 | これまでの助成研究・研修 | 高木基金の取り組み | ご支援のお願い | 高木基金について
ENGLISH  | サイトマップ | お問い合わせ 個人情報の取り扱い